公益財団法人 住本育英会

 本育英会は、昭和55年8月17日に逝去した実業家故住本保吉の意志に基づき、昭和56年1月に設立されました。
 同氏は生前、青年男女の健全な成長と日本の将来を背負って立つ人材の育成が何よりも必要であると強く考えておりました。
そのためには、社会に有用となる将来有望な青年たちを助成する
育英事業に着手したいという意志を持っておりましたが、志半ばにして世を去りました。
 同氏の志を受け継いだ遺族により、大学の学生を対象とした育英奨学金制度が創設され、
ささやかながら青年男女に対する教育の機会の増進をはかり、
平成27年度現在までに35期総勢469名の大学生に奨学金を支給し、優れた人材を世に送り出しております。

実業家 故住本保吉

住本保吉 (1914年〜1980年)
山梨県生まれ。中学卒業後、甲府の洋裁店に住み込みで奉公し、のち東京神田へ進出する。
1949年(昭和24年)婦人服子供服製造卸の『東京縫製株式会社』を設立。
翌年商号を『株式会社東京スタイル』と改め、東京証券取引所一部上場を果たし、
アパレル業界大手として成長。(現株式会社TSIホールディングス)
東京婦人子供服工場組合理事長としても業界の創成期の発展に寄与する。

Copyright © Sumimoto Scholarship Foundation All Rights Reserved.